ウルトラフロアケア・システム

ウルトラフロアケア・システム

ベルのフロアクリーニングの特徴“ウルトラフロアケア・システム”

●透明感と美観をいつまでもキープする“ウルトラフロアケア”を採用

従来のメンテナンス方法では、ワックスをかけてもすぐに黒ずみ、透明感が維持できないという問題点がありました。“ウルトラフロアケア”なら、長期間にわたり透明感をキープ。また電解技術で汚れを浮かせて取り除くので、ワックスの剥離は不要です。汚れが残らず、傷もつきにくい加工なので、いつまでも透明感のある美しいフロアを保ちます。

・剥離作業不要で常に高い美観を実現。
・転倒事故リスクを大幅に軽減。
・利用者・管理者による清掃の負担を縮小。
・人体と環境に有害な物質を含まない。
 (EcoLogoCCD-147認証)

●ウルトラフロアケア・システムによる剥離作業の効果

光沢はあっても、ワックスは黒く変色。   黒ずみがなくなりスッキリとした仕上がり。

剥離作業を施すことで、古いフロアも新築同様に。

●黄変や汚れを残さない

汚れを残してしまう従来工法

ワックスを溶解する強いアルカリ洗浄剤と研削力の強いパッドを使用し、清掃の度に汚れや古いワックスを削り取っていたため、ワックス表面に大きなダメージを与え、透明感を損ねていました。

光沢を出すため洗浄した面に、毎回ワックスを塗布するので、取り残した汚れがワックスの中に閉じ込められ、黒ずみの原因になっていました。

こうした約50年前の床掃除と同じ工法が、今も多くの業者で行われています

ベルでは最新のウルトラフロアケア・システムを採用。

常に透明感のある美しいフロアをキープします。

●最新のワックスで透明感を維持

ワックスを重ね塗りした場合、写真(左)のようにウルトラフロアケアの皮膜は透明のままですが、A社やB社の皮膜は黄変しています。これが重なると、黒ずみの原因になります。

●常に高いレベルの美観を維持

従来工法では、剥離作業をしないと美観の回復ができませんでしたが、ウルトラフロアケアシステムでは、定期清掃や日常作業で美観の回復が可能に。手軽かつ低コストで、常に美しいフロアが保てます。

●ゾーニングで効率的なメンテナンスを実現

ワックスが黄変せず高い耐久性を持ったウルトラフロアケア・システムでは、定期清掃の度に全面にワックスを塗布する必要はありません。施工するフロアをゾーニングすることで、効率的よく高い美観をキープできます。キレイな場所をわざわざ洗浄してワックスをかけるより、汚れのひどい(重汚染エリア)を優先的にメンテナンスしていきます。

「お客様の9割以上が他の清掃、メンテナンス会社さんからの乗り換えです。」

お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルからどうぞ

お電話でのお問い合わせ

0120-007-501

営業時間/9:00~18:00・定休日/日曜・祝日

・営業時間/9:00~18:00
・定休日/日曜・祝日