「貯水槽の設備交換時期」

最近は、肌寒くなってきたこともあり秋も終わりを

感じている今日この頃です。

今月は、貯水槽清掃の業務が続いており…清掃で衛生管理

だけでなく貯水槽の水を入れたり止めたり・水の水位や警報

知らせてくれる設備があります。

いづれの設備も使用している内に劣化していき交換が必要

となります。

上の写真は、ボールタップです。トイレのタンクの中に使われているものと

用途は、同じですが…槽内の水を入れたり水が溜まったら、止めたり制御しています。

これが、経年劣化してくると、水が完全に止まらなかったり…制御できず満水が発生します。

上の写真は、電極棒といわれるタンクの水位の状況している制御

もしくは、高架水槽の水を入れたり止めたりする制御です。

 

この電極棒が水位に触れることにより制御しています。

これが、劣化して…交換を怠っていると錆の発生や錆て折れたりし、正常に制御

できなくなります。そうなると、タンクに正常に水を貯めることができなくなり

水が使えなくなり緊急非常事態!とても困ります。

そうならないように、年1回の清掃・消毒施工と併せて、設備が正常なのか点検

することが大切です。壊れてからでは、遅いので早めの交換をお奨めします。

 

「お客様の9割以上が他の清掃、メンテナンス会社さんからの乗り換えです。」

お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルからどうぞ

お電話でのお問い合わせ

0120-007-501

営業時間/9:00~18:00・定休日/日曜・祝日

・営業時間/9:00~18:00
・定休日/日曜・祝日