院内感染防止の病院清掃、ビル清掃なら 大阪・東京【株式会社ベル】

第27回新人若手・リーダー研修

2017年11月4日、新人若手・リーダー研修を行いました。

今回の研修では、前回の続きで「わたしたちはどこに向かっているのか、どんな未来を目指すか」を話し合いました。

前回は、将来の夢や、今までどんな人生だったかを個人で発表していましたが、今回はグループで「ベルの過去・これからの未来を話し合い発表しました。

自分たちの夢を実現させるためにも、将来について話し合う時間をつくり確かめることは本当に大切だと思います。

ベルの過去を改めて学びベルのこれからを考え、自分たちのあるべき姿を考える良い機会になりました。

発表では、相手に自分の思いを伝えることの難しさを感じました。

相手に100度で伝えると相手は50度で受け取るという言葉がありますが、まさにそのとおりで相手に伝わる工夫をすべきであると学びました。

伝える工夫の一つとして、相手に伝えたいこと結論を先に伝えて順番を追って話をすると話の内容がとてもわかりやすいです。

今後も相手に伝わる発表をするために、相手中心の発表を心がけていきたいと思います。

今回の勉強会で今年度最後の勉強会でした。

渡邊先生、今年もたくさんのことを教えていただきありがとうございました。

 

 

 

第14回 ほめ育

2017年10月25日(水)に人づくり勉強会で、「ほめ育」を行いました。

今回のほめ育は、いつもと違うペアで発表しているところもあり終始楽しく学ぶことができました!

写真は、中明常務と近藤リーダーです!

実は・・ほめ育が始まる直前まで仕事のことで喧嘩(言い合い?)をしていたお二人でしたが、、ほめ育が始まるとスイッチを切り換えたように楽しく取り組んでいたのでほっと一安心!

喧嘩をしてもすぐに仲直りできるお二人は、本当に仲の良い証ですね(^▽^)/

近藤リーダーもとてもうれしそうです♪

仲が良くなるほど恥ずかしさもあり、普段相手をほめる機会が減ってしまうこともあると思います。

相手とよりよい関係を築くためにも、相手を知り認めることは本当に大切な事だと改めて実感しました。

今後も、相手を褒め、相手の良い点をもっと引き出せるようになりたいです!

笑顔いっぱいの楽しいほめ育を行うことができて良かったです(o^―^o)

 

(普段ちょっぴり厳しい!?武岡事業部長のこの楽しそうな笑顔を見れてなんだかうれしくなりました笑)

 

 

第26回新人若手・リーダー研修

2017年10月7日(土)新人若手・リーダー研修を行いました。

新人若手研修では、ワークシートを使って「わたしたちはどこに向かっているのか、どんな未来を目指すか」を学ぶことができました。

わたしたちは、それぞれどんな道をたどってきたのか改めて振り返り一人づつ発表を行いました。

いつもの楽しい雰囲気と違い、今日は真剣な雰囲気でいつも以上に引き締まっていました。

日常生活の中で、過去や未来について考える時間は多くないかもしれませんが将来の夢や、今自分が任せて頂いている仕事の意味を理解するためにとても大切な時間です。

みんなそれぞれに考えていることが異なり良い刺激になりました。

仕事をするうえで、会社の経営理念・考えをしっかり自分なりに理解して行動することがお客様により良いサービスを提供することにつながると感じます。

今後新しい人材を育成していくためにも、ベルの考えや仕事に対して取組む姿勢を改めて考えていく必要があると感じました。

 

 

貯水槽清掃の勉強会を行いました。

2017年10月3日(火)に貯水槽清掃の勉強会を行いました。

講師は、大橋リーダーです。

大橋リーダーは、東工エンジニアリング様に約1ヶ月貯水槽清掃の研修に行って知識を習得されました。

今回は、大橋リーダーが学んだ貯水槽清掃の知識を皆に周知し、実務に活かすため、勉強会を開きました。

貯水槽とは、受水槽、高置水槽、貯湯槽などの総称であり、建築物内で使用する水を貯留する設備です。
一般的に、建築物の地上または地下に設置されているものを「受水槽」、屋上に設置されているものを「高置水槽/高架水槽」、地上または地下に設置されている一定温度のお湯を貯めておくタンクを「貯湯槽」と言います。

貯水槽は、生活に使用する水を貯める為、常に清潔を保たなければなりません。

しかし、貯水槽は放置すると槽に赤錆がついたり害虫が現れたりします。

そのため、定期的な清掃が必要なのです。

今回の勉強会で、貯水槽が生活するうえで果たす役割や清掃方法を学ぶことができ有意義な時間を過ごすことができました。

今後も、学びを大切にして貯水槽清掃の技術を高めます。

第13回 ほめ育

2017年9月27日(水)に人づくり勉強会でほめ育を行いました。

本日は、人数が少なく少し寂しいですがそれぞれ上司・部下に日頃の感謝を伝えることができました。

普段恥ずかしさもあり、本人に感謝の気持ちを伝える機会は少ないと思います。

そして、互いに想いを伝えることで、共に仕事をするパートナーの有り難さを実感することができますね。

そして、感謝の気持ちを伝えるためには相手の理解を深めることが大切だと感じました。

とても和やかで有意義な時間を過ごすことができました。

第25回 新人・若手リーダー―研修

9/2(土)、新人若手・リーダー研修を行いました!

本日は、前回に引き続き感情、ニーズの振り返り、組織力について学びました。

感情、ニーズの振り返りでは、なぜ自分がその時怒ったのか、喜んだのか根本的な部分を振り返ることができ自分の性格を改めて知ることができました。

 

組織力の発揮では、各部門のメンバーと話しどんな思いで仕事をしているか、仕事に対する考えを共有できて良い機会になりました。

部門ごとに仕事をわけるのではなく、皆が協力して仕事ができる環境づくりが課題であると感じました。

全体で仕事を共有することができたら、仕事を効率良く進める事に繋がると思いました。

渡邊先生に教えていただくことは、本当にわかりやすくタメになることばかりで勉強会の時間がいつも楽しみです。

勉強会の機会に、自分の仕事に対する考えや進め方を確認できて良かったです。

 

 

 

 

 

救命講習を行いました!

8/23(水)、本社に消防局の方を講師に招き救命講習を行いました!

実際に消防署に電話をかけ、被害状況を伝える等現場を再現して行いました。

電話をかけると、人工呼吸のやり方や状況確認の行い方を説明して下さり、非常に分かり易かったです。

また、人形を使い電気ショックと心肺蘇生を実践しました。

胸骨圧迫では、思った以上に力をかけなければいけないと知り、驚きました。

肋骨が折れることはよくあることで問題はないそうです。

西岡さんが頑張ってくれています!

AEDを使った電気ショックは、音声案内が非常にわかりやすくスムーズに行うことができて本当に凄い機会だと感じました。

また、子供用のパットもあり広範囲の年齢の方に対応できます。

写真は近くの人に声をかけAEDを持って来てもらっている状況です。

今回勉強して、実際倒れている人をどういった手順で助けることができるのか再確認することができました。

ありがとうございました。

 

 

 

第24回 新人若手研修・リーダー研修

8月5日(土)に第24回 新人若手研修・リーダー研修を行いました。

本日は、感情の表現や価値観を勉強しました。

最近嬉しかったことや悲しかったことを振り返りその時感じた感情を振り返りました。

感情を振り返ると、自分が何を感じていたのか、何を求めていたのかに気づくことができました。

自分の感情に鈍感になってしまうと、相手の感情にも気づかなくなってしまいます。

仕事の際、お客様に寄り添った考えを持つことが重要なので自分の感情に蓋をせず、向き合うことが大切であると感じました。

価値観の勉強では、自立、秩序、協調等記載された15種類のカードを使って自分が必要だと思うカード、不必要のカードを分類しました。

写真はカードを分類して話し合いをしている様子です。

自分が必要だと思うカードであっても、他のメンバーは不必要と判断していたり人それぞれ価値観が異なると感じました。

価値観は、人それぞれ異なっていて当然なのだから異なるからといって自分の考えを強要してはならないし、理解し合うことが大切だと教わりました。

自分自身の考えが偏っていたことや、足りなかった点に気づくことができて良かったです。

 

交通マナー 勉強会

2017年7月26日に交通マナー勉強会を行いました。

RMエージェンシーの方に来ていただき、事故の危険性を学びました。

車のドライブレコーダーの映像で、実際起こった事故を見ました。

一瞬の出来事ですが、とても衝撃的でした。

事故を起こさない為に、自転車・自動車共に十分に周りを確認して運転することや、私は大丈夫といった油断をしないことが重要だと感じました。

事故を起こして慰謝料を支払うとなると家族に負担がかかり、メディアに流出すると、企業のイメージが落ちます。

このように、自分以外に家族や会社、多くの方々に迷惑をかけてしまいます。

交通事故は、被害者の気持ちに寄り添う割合が高いです。

自動車は、事故を起こした場合大きな過失を伴います。

事故が起きたらすぐに警察・会社に連絡をして、相手がケガをしていたら必ず、名前(フルネーム)・生年月日・電話番号を聞き新たな問題発生を防ぐことが大切です。

事故を起こさない為に、もう一度自分の運転を見直し危ない点は改善しようと感じました。

事故の危険性や、対策を学べて非常に有意義な時間を過ごすことができ良かったです。

ありがとうございました。

 

 

 

第23回新人若手・リーダー研修

7月1日(土)に第23回新人若手・リーダー研修を行いました。

新人若手研修では、時代の流れを振り返りながら日本人と欧米人の考え方の違いや日本人の特徴を学びました。

日本と欧米では、幼少期からの勉強の仕方等全ての考え方や感覚が違うと改めて感じました。

日本人は、欧米人より内向的であり「言わなくてもわかる」と考える人が多い傾向にあります。そして、「空気をよむ」ことを学びます。

しかし、欧米人は社交的で「言わないとわからない」と考える人が多い傾向にあります。

日本が他の国と比べて自殺する人の割合が高いのは、この内向的な考え方が原因の一部だと学びました。

自分自身を成長させるためにも、考えの視野を広げようと思います。

リーダー研修では、新人若手と合同でビジネス文書の書き方の基本や使い方を学びました。

漢字とひらがなの書き分けや表記の仕方などすぐに実践できることばかりでした。

今まで間違っていたことにも気づくことができたので非常に良い勉強になりました。

これからに活かします。

 

報連相 勉強会

2017年6月29日(水)に行った勉強会では、「報連相」を学びました。

今回は、報連相の基本やポイントを事例を使ってまとめたDVDを視聴しました。

報告・連絡・相談の3つでは、それぞれ心掛けておくべきポイントが異なることを学びました。

報告では、スピード、状況変化はこまめに伝えること、結果だけではなく経過報告が重要であると学びました。

連絡では、臨機応変に対応することが必要で気づいたら積極的に連絡することが重要であると学びました。

相談では、相手への心配りとタイミングが重要であることを学びました。

DVDは報連相の基本やポイントが非常にわかりやすく、自分の出来ていない点や改善方法を学ぶことができました。

写真はDVDの感想を発表している様子です。

発表では、様々な意見を聞くことができ自分自身を改めて見直すことができました。

 

今回視聴したDVDはこちらです!

興味がありましたら是非ご覧ください!

 

第22回 新人若手・リーダー研修

6月3日(土)に新人若手・リーダー研修を行いました。

新人研修では、相手に伝わる話し方を学びました。

人が相手を判断する基準の55%は、視覚と言われているそうです。

相手と話す表情は、相手の表情+5~10%の明るさで話すことがベストとされています。

また、声のトーンではトーンを低くすると説得力が増す話し方になり、声のトーンを高くすると明るい、積極的な印象を相手に与えると学びました。

私は電話応対を行っておりますが、普段の自分の声より高くして話すことを心がけようと思いました。

相手への伝え方では、肯定的な表現を用いる、相手の話を受け止めてから自分の意見を述べることを意識することが重要であると学びました。

また、効率を良くする仕事の進め方報告の仕方を学びました。

実行するまでに要点を理解し、計画たてることの大切さを学びました。

 

 

 

1 / 41234

お電話でのお問い合わせは 0120-007-501

お問い合わせフォームはコチラから

株式会社ベル

本社

〒578-0983
大阪府東大阪市吉田下島14番7号
tel.072-961-7171 fax.072-961-7373

東京営業所

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南3-55-16
tel.03-5913-8190 fax.03-6379-0585

福岡出張所

mail:info@ai-kando.com